×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

人前で話す時に緊張しない方法ってあるの?

人前で発表したり、会社でプレゼンしたりする時、多くの人が緊張して自分の持っている力を発揮できないでいます。

なぜ、人は人前で話す時に緊張してしまうのでしょうか?

その緊張を味方に付ける方法はないでのしょうか?

当サイトでは、人前で発表する時に緊張しないコツを伝授します!

緊張を味方に付ける5つの方法

緊張を味方に付けるには以下の5つの方法が効果的です。

  • 深呼吸
  • 音楽に合わせて身体を動かす
  • 目(視点)を移動して集中力を高める
  • イメージトレーニング
  • セルフトーク

では、今からこの5つの方法が効果的な理由を、1つずつ説明していきます。

(1)深呼吸

人は緊張すると脳が活発に動くので酸素が不足します。

そんな時は深呼吸すれば、脳にたくさんの酸素がいって、落ち着くことができます。

鼻からゆっくり息を吸って、口から吐く。

たかが深呼吸かもしれませんが、これだけでだいぶ違ってきます。

深呼吸は緊張した自分を落ち着かせる基本中の基本です。

(2)音楽に合わせて身体を動かす

音楽のリズムに合わせて身体を動かすと、楽しくなってきて緊張を忘れることができます。

実際、この方法はスポーツ選手などは普通に行っていることです。

オリンピックでフィギュアの浅田真央選手や高橋尚子選手などが本番前にウォークマンで音楽を聞いて、身体を動かしている映像をテレビで見かけたことがあるでしょう。

音楽に合わせて身体を動かすことは、メンタルトレーニングの世界では「サイキングアップ」と呼ばれています。

サイキングアップとは、ひとことで言うと、心の準備運動のこと。

運動前にウォーミングアップで身体の準備運動をするように、人前で話す前には心の準備運動であるサイキングアップを行うことで、自分の心を最高の状態に持っていくことができます。

自分の気持ちが盛り上がる大好きな曲を選びましょう。

(3)目(視点)を移動して集中力を高める

目(視点)を移動して集中力を高めることによって、余計なことを考えないようにする方法もあります。

やり方は簡単です。

まず、自分の手のひらを5秒間見つめてみて下さい。

次に、その部屋にあるもの、たとえば時計や絵、人の顔といった別のものに視点を移して5秒間見つめます。

これを繰り返すことで、周りのことが気にならなくなり集中力がアップします。

また、視点を自分の身近な手から少し遠くへずらすことで、視野も広がります。まるで、もう1人の自分が自分のことを見ているように。

この方法は、メンタルトレーニングの世界では「フォーカルポイント」と呼ばれています。

(4)イメージトレーニング

頭の中でうまくいくように何度も練習するイメージトレーニングも効果的です。

これも、スポーツ選手や音楽家などが当たり前のようにやっている方法です。

頭の中でビジュアルで視覚的に何度も上手にやっている自分をイメージすることによって、そのイメージに引っ張られるように本番でもうまくやることができます。

(5)セルフトーク

自信のない人を目の前にすると「君なら大丈夫!やればできるよ!」と励ますことがあると思います。

これを自分自身に行います。

「わたしならできる!」「大丈夫、うまくいく!」と自分自身を言い聞かせる「セルフトーク」も効果的です。

鏡を見ながら、鏡に映る自分に対して、まるで他人に話しかけるように「大丈夫!君ならできる!」と言い聞かせることも効果的です。

緊張しないコツ、人前で上手に話すコツをもっと知りたいなら・・・

もっと緊張しないコツ、人前で上手に話すコツを知りたいなら、以下の教材がオススメです。

心理学的な側面から緊張しないコツを伝授しています。


あなたは緊張しないで話せるんです!
今それができないのは、その方法を知らないだけです。

人前で堂々と魅力的に話す人は、その方法を知っているだけです。何か特別な才能があるわけはありません。

方法を知っているか、知らないか。ただそれだけなんですね。両者を分けるのは。

あなたも人前で緊張しないコツを知れば、人を魅了するスピーチが必ずできるようになります!あきらめずに、一歩一歩前へ進んでいきましょう!

今日を変えれば、明日が変わります!!

相互リンク募集中